×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腰痛体操 コツ マスター

腰痛体操を生活の中に上手に取り入れよう

腰痛体操を生活の中に上手に取り入れて、今までのつらい痛みから開放されたいと願う方は大勢いらっしゃるはずです。腰痛を持っている患者さんが整形外科に訪れると実は坐骨神経痛や脊柱管狭窄症であることがわかったりする場合もあります。

 

坐骨神経痛は、腰や下肢から足の裏に掛けて通っている神経の部分に何らかの影響で圧迫を受けると、痛みやしびれの症状をきたします。お尻のあたりから、足の甲につながる長い範囲での違和感を感じる人が多いようです。この坐骨神経痛も椎椎間板ヘルニアが原因のことも考えられます。そして、脊柱管狭窄症の症状は、100mほどの距離を歩くだけでも、腰や足が痛んで最後まで歩き通せないことや、立っている姿勢がつらくて痛みを我慢できないなどです。

 

腰痛体操は坐骨神経痛や脊柱管狭窄症にも効果が期待できそうです。腰痛体操は腰の筋力を鍛えます。硬くなった腰の筋肉を上手にほぐし、血行を良くする狙いが腰痛体操にはあるのです。本来ならば椎間板ヘルニアとか脊柱管狭窄症、坐骨神経痛になってしまう前に日ごろから腰痛体操を取り入れた生活をしていれば腰まわりの筋肉も衰えないので、ひどい痛みに悩む生活や通院や手術を免れることができるかもしれません。

↓お薦めはこちら↓